男性型脱毛症(AGA)に有効なプロペシア

男性型脱毛症(AGA)については、近年知名度が高まってきており、専門医よる処方も活発化してきています。薄毛で悩む人は世界中にいますが、特に男性型脱毛症が原因で薄毛になっている人が多いといわれています。男性型脱毛症とは、主に成人男性に発生する、いわゆる薄毛の事です。薄毛に悩んでいる方は、まず通院する事をおすすめ致します。病院に行くメリットは、まず自分が男性型脱毛症なのかどうかということを検査出来る事です。そこで、自分の薄毛のタイプがはっきりすれば、それに応じた適切な治療を行ってくれますので早めに薄毛対策をしましょう。
その際、だいたいの病院でAGA治療薬を処方される事になります。

プロペシア特に有名なとしてプロペシアが挙げられます。この薬は一般的には、フィナステリドと呼ばれ、アメリカに本社を置くメルク社が開発し、既に全世界60か国を超える国と地域で承認されています。また、世界で初めて医師が処方するAGA治療薬として注目を集めました。 以前、プロペシアは日本国内での使用認可を受けておらず、手に入れる事の出来ない医薬品でした。しかし、現在は厚生労働省より認可され、医師の処方さえ受ければ手にすることが出来る治療薬となりました。但し、日本国内で医師の処方箋以外でプロペシアを手に入れることは、全て違法となり処罰の対象となります。

このプロペシアは、男性型脱毛症に効果的であるということが科学的に認められた薬であり、この薬を服用することによって、毛髪を再び成長させることが可能になります。 また、病院によっては、ミノキシジルと呼ばれる塗り薬も処方されることがあります。この塗り薬も育毛に効果があるということが科学的にも認められていますから、安心して使用することができます。

プロペシアの成分と薬価

処方箋を出して薬を受け取る様子プロペシアの有効成分はフィナステリドと呼ばれるものです。同様の成分を持つ医薬品としては、前立腺肥大症の薬があります。これはどちらの症状に対して、男性ホルモンが少なからず影響していることなどが要因であるとも言えるでしょう。 プロペシアは、医師による診察でAGAであるとの診断を受け処方箋を受け取った後、入手出来ます。

ここで最も注意しなければならないのは、このプロペシアは健康保険が適用されない自由診療の扱いの薬で、医師の診療も含め全額100%自己負担となる事です。自由診療とは、その医療機関が診察料、薬価(薬の値段)等をその名の通り自由に決められるという事です。全国平均で日本版プロペシアは1錠250円、これが1ヶ月分の処方で7,500円というのが薬価の目安の様です。プロペシアは世界各国で販売されており、参考までに列記すると、

30錠毎の価格は、日本版は約7、500円、アメリカ版(アメリカ市場向け)は約9,000円弱、アメリカ版(タイ市場向け)は約5,000円弱前後、イギリス版は約5,000円、ニュージーランド版は約7,000円前後となっています。アメリカ版(アメリカ市場向け)以外は病院で処方してもらうより海外から個人輸入した方が安く入手できます。

AGAの治療自体は長期間行うことでその効果を十分に発揮できることが多い為、診察や薬の支払いは経済面でも相当な負担となることが予想されます。また、海外向けといっても全てメルク社製なので、成分の違いはありません。違うのはパッケージと価格です。この問題を解決するキーワードは2つ。個人輸入代行とジェネリック医薬品です。

プロペシアを格安に入手する

個人輸入代行とは、日本で入手できない医薬品を直接海外の業者から購入する事をいいます。なぜ、代行と言う文字がつくのか?と言えば、殆どの利用者が個人輸入に必要な煩瑣な手続きを輸入代行業者に委託するからです。

インターネットをする男性その仕組み自体や見た目は、ネットショッピングとほぼ変わりません。但し、購入を判断するための商品説明は医師の処方が無い為全て自己責任で行わねばならない為、正確な情報を提供しているサイトを選ぶ必要があります。決済通貨やレートも、業者が独自で相場とかけ離れた設定をしている事がありますので注意が必要です。
口コミやユーザー評価などもインターネットを使って細かく収集し、間違いの無い業者を選別することが必要となるでしょう。中には粗悪品やいわゆる偽物を販売するような悪質業者もいるようなので、輸入代行業者の選別は慎重に行うことをお薦めします。
但し、この方法を利用すれば診察等の費用もかからず、薬価自体も安く抑えられるという大きな利点があります。

もう一つの方法に、同等の効果が期待できるジェネリック医薬品を使う事です。例えば、プロペシアの場合には、フィンペシアを使ってみるのもよいかもしれません。このフィンペシアはプロペシアと有効成分などは全く同じ、服用方法も全く変わりません。
ジェネリック薬品は、原則成分特許の有効期限が切れた後に作られる薬品なので、そのぶん価格がかなりやすくなるのです。
もしこのプロペシアの服用を医師から勧められたのであれば、ジェネリックの処方を頼んでみてもよいでしょう。