フィナロとフィナックスの特徴

フィナロはフィナステリド系の育毛剤で、今とても注目を集めている薬です。男性型薄毛脱毛症(AGA)の治療薬として多くの人に服用されているのです。AGAとは思春期以降の男性に見られる、抜け毛や薄毛が進行する症状をいいます。前頭部の生え際が後退したり、頭頂部の髪が薄くなったりするのが特徴的な症状です。こうした症状はジヒドテストステロンという体内物質が関係していることが分かっています。ジヒドテストステロンは男性ホルモンの一種であるテストステロンが5αリダクターゼという酵素によって変性することによって生まれます。この薬はこの薄毛の大きな原因であるとされている男性ホルモンから作られる物質を抑えることができ、脱毛を防ぐ効果があります。

次に、フィナックスはAGAと呼ばれる男性型脱毛症の治療薬で、インドの製薬会社が製造・販売しているジェネリック医薬品です。主成分はフィナステリドという物質です。
フィナックスの有効成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼの活動を阻害することでジヒドテストステロンの生成を抑える作用を持っています。
これにより、抜け毛の進行を防ぐとともに、新たに生えてきた髪を抜けにくくする効果をもたらします。従来の育毛剤ではなかなか効果が得られなかった生え際の後退に対しても改善が期待できます。
フィナックスは錠剤タイプの内服薬で、1錠につきフィナステリドを1mg含有しています。
1mgは1日分の通常使用量です。
したがって1日1回、1錠を経口服用するのが一般的な使用方法となります。

この二つの薬品はジェネリック薬品であることから、通常のAGA治療薬よりも安い値段で購入をすることができるということが特徴です。後発医薬品と言われるもので、代表的な商品であるプロペシアと同成分であることから、効果は変わりません。ただ開発費用がかかっていないという理由から安く購入することができるのです。育毛の効果を得るにはある程度の期間が必要となるため、こう言った後発医薬品を使うことで経済的な負担を抑えることが可能になります。ですからこういった薬がたくさんの人に必要とされ、服用されているのです。
AGA治療薬は病院やクリニックでも処方をしてもらうことができますが、インターネットを利用して通販で購入をすることも可能です。忙しくて病院やクリニックに行く時間がないという人もこの方法を利用することで商品を購入することができ、育毛治療をすることができるようになります。