プロペシアジェネリック薬のフィンペシアとは

説明をする女性医師抜け毛や薄毛など髪の毛が気になっている人の治療薬として使われているのがフィンペシアです。男性型脱毛症の治療薬として使われているプロペシアのジェネリック医薬品になります。ジェネリック医薬品なのでプロペシアより安価で販売されています。
フィンペシアはインドのシプラ社という会社が製造したAGA治療薬で、特徴は、男性型脱毛症に有効な成分、フィナステリドをプロペシアと同様に配合している事です。
塗るタイプではなく飲む内服薬育毛剤であることが、ドラッグストアなどで販売されている一般的な育毛剤とは異なる大きな特徴です。また、脱毛の原因とされているジヒドロテストステロンの産出を抑える事によって、抜け毛の予防効果があります。特に頭頂部や生え際の薄毛に効果的だと言われています。
この二つの薬の効果はほぼ同じなのですが、フィンペシアはジェネリック医薬品の為、プロペシアよりも価格が安いことが特徴です。
ジェネリックとは特許が切れた医薬品を他社が製造したもののことをいい、後発医薬品とも呼ばれます。一方でジェネリックの利用を躊躇う方も多くいます。

躊躇う理由は幾つかあり、多くが育毛剤としての機能に関するものです。
ジェネリックということで効果が従来の医薬品よりも低いのではないか?また、薬の効果が出るタイミングが遅いのではないか?と言う不安です。
さらに副作用としてどのような問題が発生するか?といった不安もあります。しかし、実際はジェネリックであったとしても、きちんとした製薬メーカーが製造を行っているので。薬品としての品質には問題がありません。また、副作用などの製品情報に関してもメーカーが情報をしっかりと公開してくれるので安心して利用することができます。
また、万が一問題があっても掛かりつけの医師が対応してくれるので問題はありません。

AGA治療薬はある程度の期間継続して服用しなくてはならないため、費用を抑えたい場合はフィンペシアが良いでしょう。
フィンペシアの購入画面に移動>>