薄毛になるメカニズムを解明

私たちの髪の毛は、頭皮から出ていて目に見える部分と、頭皮の中にあって目には見えない部分とに分かれています。この内、発毛を担っているのは、頭皮の中にある部分の毛乳頭と毛母細胞と呼ばれる部分です。毛乳頭が発毛を促す命令を出すと、毛母細胞が分裂し、それが頭髪となって、頭皮の中から根を押し上げるような形で生え出てくると言う仕組みです。この仕組みに何らかの支障が発生した場合、薄毛が発生します。支障が発生する原因は様々ですが、そこには性別が深く関係していることが多いです。

まず男性に多い薄毛、壮年性脱毛の場合、思春期以降に分泌される男性ホルモンのテストステロンが関与しています。このホルモンは、毛乳頭に運ばれると、特別な酵素の働きを受け、別の物質、ジヒドロテストステロンに変化します。するとこの物質は、毛母細胞の受容体に結合するとTGF-βと言うたんぱく質を産生するようになります。
このたんぱく質は、実は脱毛指令因子であるため、毛母細胞の分裂を抑制する作用を持っています。ですから発毛がうまくいかず、薄毛が進行してしまうと言うのが、男性に多い薄毛発生のメカニズムです。

一方、女性に多い薄毛には、やはり女性ホルモンが関係しています。女性は、出産後や年齢を重ねること、あるいは閉経、そしてそうしたことは関係なく、日常生活の中のストレスや睡眠不足などによって、体内で分泌される女性ホルモンの量が減少することがあります。
女性ホルモンのエストロゲン、プロゲステロンは共に、発毛、または育毛のためには欠かすことができないホルモンです。そのホルモン分泌量が減少してしまうのですから、発毛がうまくいかず、薄毛となってしまうと言うのが、女性に多いタイプの薄毛発生のメカニズムです。この他にも男女問わず、頭皮の健康状態が良くないこと、栄養バランスの偏った食事内容の摂取などが原因で、発毛メカニズムに支障が生まれる場合もあります。

薄毛になってきたと感じるようになったら、日々の生活サイクルを見直す、バランスよい食事をするなどライフスタイル全般を見直してみましょう。